Translate 黄昏ミニヨン想録堂: デッドマン・ソルジャーズ

黄昏ミニヨン想録堂

"Kennst du das Land, wo die Zitronen blühn" 想いし事を録取する書堂

名前:
場所: 遠江, 静岡, Japan

何時の何処にでも居る勘違い頭でっかち

10/05/2006

デッドマン・ソルジャーズ

 ジャケ借りと呼ばれる行為があります。

 これは、レンタルビデオ屋等に行きまして、宣伝や出演者の名前も、監督から脚本、造形にカメラ等のスタッフの名前も、その他もろもろの要素も排除して、ただ単純にジャケットの格好良さとタイトル、あらすじでDVD・ビデオを借りてくる行為です。

 この行為は本やCDにおけるジャケ買いとしては、成る程新しい発見をする事が出来るかもしれませんが、DVD・ビデオにおいては殆どギャンブルです。映画の販売元がどんな駄作でも何とか売れようと、流行の映画と似た様な、或いは内容とは全く関係無い様なジャケットやタイトルを付けるからです。つまり、かなりの割合において外れが多い。

 それは解っていながらも、寧ろだからこそ、さらには一抹の希望を込めて、つい借りちゃいました映画が一つ。その名も、

 デッドマン・ソルジャーズ

 普段はわざわざリンクを張る事は無い(一つを張ると、他のものにも張りたくなるから)のですが、今回はその斬新なジャケットを見て頂く為にあえてリンクを張らせて頂きました。

 頭上に燦然と降臨する我等が総統。

 無数にはためく鍵十字。

 廃墟を突き進む不死者の軍勢。


 これだけ見ればヘルシングであり、あらすじにおける内容の方も実にヘルシングであり、総じてヘルシングであります。

 そこに賭けて借りちゃった訳であります。

 大いに外れでありました。

 何から何までチープ過ぎる俳優の演技。素人が書いたかの如き脚本。遊園地のアトラクションの様な造詣。廃墟を突き進む不死者の軍勢等一度も登場せず、森の中で狼男っぽい輩がちょこっと暴れる位であります

 まぁ退屈な映画でした。酷い、では無く、退屈です。ネタにもならないと言う意味において、全く退屈な映画でありました。

 その後、同時に借りてきました『フルメタルジャケット』を見て、スタンリー・キューブリックが如何に凄いかがよく解りました。

 今更かよと言う奴はベトコンだ。

 まだ見て無かったのかと言う奴は訓練されたベトコンだ。

 本当映画は地獄だぜぇぇぇっ、ふーはっはっはっ。

1 Comments:

Anonymous 田吾作 said...

今更かよ!
まだ見てなかったのかよ!


いえ、自分が言ったのではありません。
サー・ノーサー、サー・ノーサー!!
(ジェリードーナッツもごもご)

10/05/2006  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home