Translate 黄昏ミニヨン想録堂: 映画鑑賞 No.1

黄昏ミニヨン想録堂

"Kennst du das Land, wo die Zitronen blühn" 想いし事を録取する書堂

名前:
場所: 遠江, 静岡, Japan

何時の何処にでも居る勘違い頭でっかち

7/30/2006

映画鑑賞 No.1

 夏休みになると深夜まで平気で見れて良いです。今回は『キングコング』と『東京ゴッドファーザーズ』を見ました。それなりにネタバレありなので、これ以上見たくない人はスルーしてください。

・キングコング
 評価高かったので、期待して見たのですが、個人的には微妙な出来でありました。

 まず、何が微妙かと言うのを、初めて読んで余りの的の射さに驚愕したルナールの詩集『博物誌』の蛇君を通して伝えたいと思います。それでは蛇君どうぞ一言。

蛇:長過ぎる。

 ありがとうございました。

 二時間半以上ありました。別に長くても構わないのですが、この作品の場合、序盤及び前半での無駄な描写や意味の無い伏線が多過ぎる気がします。はっきり言って、削っても良かったと思いますね。そう言う意味でストーリーもなかなか微妙でした。

 で、アクション及び映像。確かに凄い。凄いのですが、感慨を呼ぶ程ではありませんでした。余りに普遍的にそう言った映像が使われる為、見慣れてしまったのですね。寧ろこの位のレベルなら、もう他の作品でも見た事があります。

 正直もうハリウッド映画における、偽者を本物に見せる技術と言うのは限度に達した気がします。今後は、偽者を偽者とした上でそれを認めさせる、つまりは技術では無く表現、たとえば脚本とか演出とか、そう言うのがぐっと重要になってくるのでは無いでしょうか。邦画はどちらもまだまだなので、もっと頑張って貰いたいですけど。

 そう言う訳で、良くも悪くも、実にハリウッド映画だった、と言うのが総評。外れがそれ程無い分面白みもそれ程で。家族一緒に見るなら無難なチョイスですね。

・東京ゴッドファーザーズ
 『千年女優』『パーフェクトブルー』他には『妄想代理人』の監督、今敏監督の長編アニメ映画です。

 イシカワ似のオヤジと、素晴らしいオカマと、家出女子高生のホームレス三人組が、ある時ゴミ捨て場で見つけた赤子のゴッドファーザーズ(名付け親)となり、赤子両親を探しに行くと言う話。

 
 いや、面白かったです。正直それ程期待していなかったのですが、序盤から小ネタ連発で飛ばしてくれ、ラストにおいてははらりと感動させて頂けました。三人組の声優が、俳優だと言う事が少し心配だったのですが、舞台出身だからでしょうか、悪く無い出来でしたし。

 ただ、その割には余り知名度が無い様な。千年女優やパーフェクトブルーは皆知ってる様ですが、この作品を知らない人と言うのが多いみたいです(かく言う自分も最近まで知らなかった)

 正直に言って勿体無い。三年前の作品ですが、今見ても遜色無い、名作と言っても過言では無い作品ですので、興味がありましたら是非。

 所で今やっているゲド戦記は、評判悪いですね。確かに、CMからしてショボさが伝わって来るので、まぁそんなもんかな、と思うのですが、少し寂しいですね。嗚呼これで終わりかな、と。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home